シミ くすみ 隠す

敏感肌向け美白化粧品

シミやくすみを隠す

どんなに日焼け止めを塗ったり、紫外線を防止しても、シミやくすみができてしまうのは仕方がないことかも知れません。

仕方がないとは言っても、やはり見えないように隠したいと思うのが女性ですよね。

化粧の時に、手っ取り早く隠すものとして、コンシーラーがあります。

でもコンシーラーでしっかりカバーしたつもりでも、時間が経つと皮脂や摩擦など取れてきたりします。

慌ててファンデーションで押さえても、コンシーラーが取れてしまっているので、なかなかカバーできません。

これはコンシーラーを効果的に使っていないからです。

 

正しいコンシーラーの使い方をご紹介します。

コンシーラーと一言でいっても、柔らかめのものと硬めのものがあります。

柔らかめの物は広い部分、つまり「面」に使います。

硬めの物は、「点や線」に使います。

色は自分が使っているファンデーションと同系色が基本です。

まず、コンシーラーを気になるシミの上に、少し大きめにのせます。

ここで大切なのが、全体をぼかしていくのではなく、コンシーラーと肌の境目をぼかしていきます。

指先でぼかす人も多いかと思いますが、指先は思ったより広い部分に触れてしまうので、綿棒やブラシの先でなじませていきましょう。

指先ではせっかくのカバー力が薄れてしまいます。

つまりコンシーラーをのせた部分は触らないということです。

その上からファンデーションやパウダーで押さえると、もう崩れる心配はありません。

皮脂や汗に強いコンシーラーもあるので、そちらもおすすめです。