美白 栄養素

敏感肌向け美白化粧品

美白に良い食べ物と栄養素

シミひとつない白い肌は、やはり憧れますよね。

シミってできてしまうと、消すのはなかなか難しいです。

シミを作らないために、日頃から紫外線をカットするのはもちろんですが、食べ物でも防ぐことができます。

 

よく知られている栄養素としては、ビタミンCですね

でも、ビタミンCだけを摂っていればいいというものではありません。

その他にはビタミンE、ビタミンB2、β−カロテン、亜鉛などがあります。

ビタミンCは、活性酸素を抑える抗酸化作用があり、ブロッコリー、ピーマン、パセリ、レモン、キウイ、イチゴなどがあります。

ビタミンEは、ごま、イワシ、うなぎ、アーモンド、かぼちゃなどです。

ビタミンB2は、豚、牛、鶏レバー、ぶり、納豆などです。

β−カロテンは、ニンジン、ほうれん草、小松菜などです。

亜鉛は、牡蠣、レバー、うなぎなどです。

どの食品も、日常的に手に入るものばかりですね。

 

ビタミンCで有名なレモンですが、有効成分は皮に含まれていて、実は果汁にはないのです。

よりビタミンCを吸収しようと、レモンスライスを肌に直接パックしたりする人を見かけますが、はっきり言って意味がありません。

逆にソラレンという成分が皮膚につくと逆効果になるのでやめた方がいいですね。

βーカロテンは、生よりも茹でたり、油と組み合わせた方が吸収力がよくなるので覚えておきましょう。

食べるよりも手っ取り早く、サプリで摂った方がいいと思われがちですが、ビタミンCは一度に多量にとっても、摂り過ぎた分は体の外に排出されるので注意しましょう。