敏感肌 美白 効きにくい

敏感肌向け美白化粧品

敏感肌は美白が効きにくい理由

敏感肌の基準ってなんでしょうか?

敏感肌だから肌に優しい化粧品を使っているとか、化粧品に使われている成分には気を使っているっていう人はよく見かけます。

自分が敏感肌だと思っている人は化粧品を買う時に、”敏感肌用”という文字には敏感になりますね。

では、敏感肌って何でしょうか?

 

一般的には、何かに対してアレルギーを持っていて多くの人が何ともないのに、自分だけはヒリヒリしたりする刺激がある肌でしょうか。

敏感肌の刺激の症状としては、赤く腫れたり、ただれたり、発疹などがあります。

女性にとって美白も大切です。

敏感肌だからと言って何もせずにいると、当然シミやソバカスの原因になります。

 

敏感肌の人は美白が効きにくいと言われています。

その理由は、敏感肌は角層のバリア機能が弱いことで、紫外線などの刺激を対して肌が過敏な状態になっているいます。

このバリア機能の低下の最大の原因は乾燥です。

敏感肌が刺激を受けると、肌からより水分が失われて、乾燥肌が悪化してしまいます。

一般に美白化粧品は、肌に刺激がある成分が多少なりとも含まれているので、乾燥して悪化してしまった敏感肌にはより強い刺激になってしまいます。

肌が悪化してしまうとターンオーバーもうまく行われないので、古い角層などが押し上げられるのも遅くなり美白効果が遅れてしまうのです。

そのため、普通の肌の人と同じ美白化粧品を使っても効いていないのではないかと感じてしまいます。

敏感肌の人が美白をする場合は、まず乾燥性敏感肌対策ができる化粧品にに切り替えて、肌を外側から修復してからの方が良さそうですね。